居酒屋アルバイト、研修期間の有無

居酒屋アルバイト、研修期間の有無

居酒屋アルバイトを考える上で、お店の業態を大きくふたつに分けて考える必要があります。
それは、「大手居酒屋チェーン」の居酒屋でアルバイトするのか、それとも個人経営のお店でするのかという場合分けです。
 

 

なぜそういう必要があるのかというと、ひとつには「研修制度のちがい」が大きく仕事内容に反映してくるからです。大手の居酒屋チェーンの場合、ほとんどのお店では研修期間が設けられていますので、そこである程度仕事の基本を叩きこむことができます。

 

ただ、研修では得られなかった部分を現場でどうクリアするかという点においては個々の能力は高いものでなければならないとも言えます。
これに対し、研修期間が設けられていないことも考えられる個人経営のお店では、はじめからある程度のオリジナリティを生かさなければならない難しさがあります。

 

ひとことで言ってしまえば「融通が利く人材」がより求められるのが個人経営の居酒屋スタッフなのです。
ですから、これまでに飲食店業界で働いた経験がある、さらには実際に居酒屋で働いたことがある人は、個人経営の居酒屋では重宝されることが多いのも事実です。。
ただ、そういう経験がないからと言って、大手の居酒屋で成功できるという保証はまったくありません。
というのも、大手居酒屋の場合はかなり厳密なマニュアルがあるため、そのマニュアルにしっかりとしたがうことができる正確さが何よりも重要であると言えるからです。

 

これらのことをよく考えて、自分がどちらに向いているのかを考えてお店探しをしてみてください。