女子会におけるコスパの考え方

女子会におけるコスパの考え方

コストパフォーマンス、通称コスパという言葉が一般に知られるようになってから久しい昨今、様々な場面でコスパを意識しながら生きていく人が増えました。

 

コスパとは日本語における費用対効果のことです。
もともとはビジネスシーンなどで活用されてきた言葉ですが、私たちが生活していくうえでも役立つ場面はたくさん存在します。

 

今回は、このコスパというキーワードをもとに女子会での賢い飲み方を考えていきましょう。
女子会の会場としてよく用いられる居酒屋では、大きく分けて2つの利用方法があります。1つは、お酒や料理が欲しいときに注文して、単品ごとの料金を最後にまとめて払うというものです。
もう1つの利用方法は、飲み放題などのプランを活用して一定額以上を支出しないようにする飲み方です。

 

それぞれメリットとデメリットがありますが、女子会ではどちらを採用した方が良いのでしょうか?
女子会において、あらかじめ二次会や三次会に行く予定がある場合には前者の利用方法がおすすめです。

 

一次会では軽いおつまみと数杯のお酒で済まし、二次会はカラオケに行こう。
このような計画を立てているのであれば、一次会でそこまでお金を使う必要はないですよね。
飲み居放題などの定額プランは、どうしても数千円以上かかりますから、二次会以降もお金を消費することを考えるとコスパが良いとはいえません。

 

一方で、一次会のお店で長く寛ぎたい、あらかじめいくら必要なのかわかっておきたいというときは、プランやコースを活用した方が女子会に参加しやすくなります。
コスパに注目しながら、最適な居酒屋の利用方法を選択しましょう。

 

女子会につかえる桜木町 居酒屋はこちら