居酒屋アルバイトで書く履歴書

居酒屋アルバイトで書く履歴書

履歴書に記入する項目というのは、企業側から見て「ここだけは譲れない」というポイントと、「割とどうでもいい」というポイントが混在しています。
しかしそれは、その企業によって見るべきポイントが異なりますので、どのポイントをどう書けばよいかというマニュアルのようなものが存在するわけではありません。

 

ある企業では資格を重視するかもしれませんし、また別の企業では学歴を重視するかもしれません。
では、居酒屋でアルバイトを志望する人は履歴書のどこが最大のポイントになるかというと、これは「志望動機」が最も重要になると断言できます。

 

実はこれは、それほど難しい話しではありません。というのも、どの企業であっても「志望動機」を重視しないところはないからです。
居酒屋の場合、基本的には「資格」や「学歴」に関してはよほどの事情がない限りほとんど関係ないということになるからです。
蒲田にある貸切パーティ向きのお店なら、スタッフとしてお客様の特別なパーティをサポートしてやるんだという意気込みが大事になるでしょう。

 

ですから、居酒屋でアルバイトとして働きたいと考えるのであれば、できる限り「志望動機」の部分を充実させた履歴書を作成するように心がけてください。
居酒屋の志望動機として必要なことは、なぜ居酒屋で働きたいのか、あるいはどうして他の居酒屋ではなくそのお店で働きたいのかということについてしっかりと説明されていることです。

 

そのあたりをクリアできていれば、経験の有無にかかわらず(もちろん経験不問のお店であれば)採用される可能性が高いです。
もちろん字がきれいであること、誤字脱字がないことなど、基本的な部分はしっかりとクリアしてください。